初めての自分の車

初めての自分の車

私は高校卒業とともに就職し、田舎住まいなので自動車は必須アイテムでした。
歩いて出社なんてできない距離でしたからね。まず一番近い駅まで車で30分かかりますし。
それまで車になんて微塵も興味がなかった私ですが、まぁ自分の車といってもどうせ親から借金しないと買えなかったので中古の軽自動車でも乗るかとあまり期待していませんでした。

 

ところが理不尽なことが多々ありながらも無事免許を取れた頃私の車はどうしましょうと家族と話したところ、兄が車を購入するから今乗っているのをくれると言うんですよ!
お下がりというとあまりいい思いをする方はいないかもしれませんが、兄が乗っていた車はトヨタのbBのです。昔CMで宣伝していた頃あの車カッコいいな〜と車に無頓着な私でさえも心惹かれた車種でした。

 

もちろんありがたく受け取りましたよ。車に乗ると今まで以下に自分が車について何も知らなかったのかが明るみに出てきましたね。
まずガソリンはレギュラーかハイオク。ハイオクは質がいいものだから高いとか、bBにはホグランプがついていて点灯すると夜の走行が思いの外視界が良好になるとか、夏にはフロントガラスに虫が飛び込んできて汚れるだとか、タイヤの空気圧はスタンドで言えば測ってくれる等など、基本的なことなんにも知りませんでした。
覚えることは確かに多いかもですけど何より運転が楽しいですね。bBは小回りがきかないのでより運転手の力量にかかっていると思います(笑)
車の運転が好きな旦那にコツを教えてもらったりと今でも日々学習しながら楽しく車に乗っています。
そろそろbBさんが寿命なのでお別れも近いですがまだもう少しお世話になる予定です。