ローンが残っている車の売却

ローンが残っている車の売却

車の売却時に各種手続きを行うにあたり、ローンを払い終わっていない場合はまず残債の問題を片付けなくてはなりません。
車を購入する際、現金一括払いで購入する方はまれでほとんどの方がローンを組まれているのではないでしょうか。車の書類を確認してわかるとおりローンが払い終わるまでは車の名義はクレジット会社の名義等になっているはずで、本来であれば自分の都合で車を買い取ってもらう事はできません。

 

ではローンが払い終わってない場合は車を買い取ってもらうことは出来ないのかというとそんなことはありません。ここで問題になるのは所有権のみですのでローンを完済すれば問題ありません。ローンを完済する方法としてローンの残額より買取額が高いか低いかで二つのケースに分かれます。ローンの残額より買取額が高い場合は単純に買取額からローンの残額を差し引いた金額が支払われ、ローンの残額より買取額が低い場合はローンが残ってしまいますので残額についてはローンを組んで支払う借り換えの形をとるのが一般的になっています。

 

ローンの残額に関わらず売却できるよう、現在はこういった仕組みがしっかりと整っていますのでローン完済前でも問題なく車を売却することができます。

 

>>車の買取り相場を最高額にするには?