車 売却 必要書類

車を売却する時の必要書類

車を売却する際には、いろいろな手続きが必要となり、書類もいろいろと必要になります。
事前に準備しておくと、売却の手続きがスムーズになります。

 

売却する時の必要書類は、普通自動車の場合、自動車検査証(車検証)・印鑑登録証明書・自賠責保険証明書・自動車税納税証明書・実印・リサイクル券・譲渡証明書・委任状などです。 譲渡証明書・委任状は、車を売却する店で作成する書類なので、自分で用意する必要はありません。 自動車検査証(車検証)の現住所や氏名が印鑑登録証明書と異なる場合、住民票や戸籍謄本などが必要になります。
印鑑登録証明書は、発行後1ヶ月以内のものが2通必要になります。自動車税納税証明書は、売却する年度のものが必要になります。
自動車税が未納の場合、売却ができなくなるので、売却する日までに完納しておきましょう。
軽自動車の場合、普通自動車よりも必要書類は少なくなります。
自動車検査証(車検証)・自賠責保険証明書・軽自動車税納税証明書・印鑑・リサイクル券・自動車検査証記入申請書などが必要になります。
印鑑は実印ではなく認印でも大丈夫です。
自動車検査証記入申請書は、売却先で作成する書類なので、自分で用意する必要はありません。

 

>>車の買取り相場を最高額にするには?