車検の長さが査定金額に影響するのか

車検の長さが査定金額に影響するのか

車検の長さが査定金額に影響するのかについて見てみましょう。
車を売却するにあたってあとどれくらい車検がついているのかで査定額に大きく違いが出てくるのではないかと勘違いしている方は結構いらっしゃると思います。

 

確かに車検が長く残っていれば多少査定金額がアップする可能性はでてきますが、そこまで高額にアップするという事ではありません。車検を長く延ばすためにわざわざ車検をとるユーザーさんもいらっしゃいますが、その必要はありません。
実際査定金額の方が車検をとるためにかかった費用に比べれば安く見積もられる可能性の方があるからです。損をしてまで車検をとる事はしなくてもいいのです。なぜ車検をわざわざとる必要はないのかと言うと、一般的に買取り業者などは車検を安いコストでとる事が可能だからです。

 

私達が通常かかる費用に比べれば業者がかけるコストは大した事がないという事です。そこまで車検の長さが査定金額に影響する事はないと言うのが現状ですが、逆に車検がついていない車でも十分に売却する事ができるのです。そこで車検の長さが査定金額に影響するのかをひたすら悩むよりは、車の外装や内装を奇麗にしておく事が重要です。買い手側も気持ち良くなるようにメンテナンスは行っておく事をお薦めします。

 

>>車の買取り相場を最高額にするには?