走行距離の多い車の買取り

走行距離の多い車の買取り

車の買取りは、基本的に年式が新しいほど、走行距離が少ないほど、高額査定が期待できます。
年式が新しい場合でも、走行距離が多い車はあまり高額査定が期待できません。

 

販売後2〜3年経った比較的新しいといわれる車でも、走行距離が5万kmを超えていると人気が下がってしまいます。
昔は車の寿命は10年、走行距離10万kmが限界といわれていました。

 

しかし最近の車は性能がアップしているため、このようなことはありません。

 

日頃からメンテナンスをしっかりとしていれば、走行距離が10万kmを超えても大丈夫です。

 

ただ、昔からのイメージが強いため、走行距離が10万kmを超えている車は買わないという人が多いようです。
ですので、走行距離が多い車は高額査定は期待できず、あまり高く売ることができません。
車を売ることを考えるなら、走行距離が10万kmを超える前の方がよいでしょう。

 

最近では、走行距離の多い車の買取りでも、思った以上に高く買取ってもらえる場合があるようです。
走行距離が多くても、それ以外の部分で評価できるものがある場合、高額査定が期待できます。
走行距離が多くてもあきらめずに、複数の車買取専門店で査定をしてもらって、少しでも高い買取りを目指しましょう!

 

>>車の買取り相場を最高額にするには?