車買取り 相場

下取りと買取りの違いについて

車を買い替える場合、現在乗っている車を売却するわけですが、車を売却する際「下取り」と「買取り」がありますね。

 

「下取り」と「買取り」は違うのか、どのように違うのか?
「下取り」と「買取り」の違いについてご紹介します。
「下取り」とは、ディーラーで新車を購入する場合に、現在乗っている車をディーラーで買取ってもらい、新車の購入価格から買取ってもらった価格分を差し引いてもらうことです。

 

下取りでは、下取り価格はある程度決まっているので、古い車種や人気の無い車でも一定の価格をつけてもらえることが多く、新車が納車されるまで、現在の車を乗っていられるので代車が必要ないなどのメリットがあります。
「買取り」とは、中古車買取専門店で車を査定してもらい、買取ってもらって現金を受け取るものです。

 

買取りの場合、その時の中古車相場や人気のある車種などによって、査定価格が大きく変わってきます。
下取りと違って、その時々で車の価値が変わり、買取価格も変わってきます。

 

ですので、売るタイミングが大事になります。
また、エアロパーツなどの社外パーツでも査定にプラスになることがあります。
新車を買う場合は「下取り」と「買取り」、どちらがお得なのか?ということは、一概にこっち!とは言い切れません。
人それぞれのいろいろな条件によって違いますので、まずは両方で査定をしてもらうと良いでしょう。

 

>>車の買取り相場を最高額にするには?